米経済ダイジェスト:BMCソフト、エトナ、MGM決算、パトナム

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎パトナム・インベストメンツ:3月の米投信純流出額は13億ドル-業界最高

米マーシュ・アンド・マクレナン傘下で米投信運用会社5位のパトナム・ インベストメンツは、3月の米投信純流出額が13億ドル(約1600億円)と、 大手25社のなかで最大だった。米ファイナンシャル・リサーチが24日発表し た。

----------------------------------------------------------------------- ◎BMCソフトウエア1-3月期:黒字2060万ドル-売上高15%増

企業向けソフト大手の米BMCソフトウエアが24日発表した第4四半期 (1-3月)決算は、売り上げ増加を支えに純損益は2060万ドル(1株当たり 9セント)の黒字となった。前年同期は180万ドル(同1セント)の赤字だっ た。売上高は前年同期比15%増の3億8070万ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎エトナ1-3月期:黒字3億3000万ドル-コスト管理強化や保険料値上げで

米2位の健康保険会社エトナが24日発表した第1四半期(1-3月)決算 は、赤字だった前年同期に比べ3億3000万ドル(1株当たり2.12ドル)の純 利益を確保した。保険加入条件の厳格化を通じたコスト管理や保険料の値上げ が貢献した。総収入は前年同期比15%減の44億7000万ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎イーストマン・ケミカル1-3月期:3倍増益-販売増や一時利益で

ペットボトル用プラスチック最大手の米イーストマン・ケミカルが24日発 表した第1四半期(1-3月)決算は、純利益が2100万ドル(1株当たり27 セント)と前年同期に比べ3倍以上増加した。事業売却に伴う一時利益や保険 をめぐる訴訟での和解が貢献した。売上高は同17%増の14億4000万ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎MGM1-3月期:赤字が5580万ドルに縮小-家庭用ビデオの販売増で

資産家カーク・カーコリアン氏が経営する米映画スタジオ大手MGMが24 日発表した第1四半期(1-3月)決算は、赤字が5580万ドル(1株当たり 22セント)に縮小した。家庭用ビデオの販売増加が貢献した。売上高は前年同 期比25%増の3億9520万ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎レベル3:1-3月期純利益は1億1900万ドル-売上高3倍増で

投資家ウォーレン・バフェット氏が経営する米データ通信会社レベル3コ ミュニケーションズが24日発表した第1四半期(1-3月)決算は、純損益が 1億1900万ドル(1株当たり22セント)の黒字だった。通信部門が好調だっ た。前年同期は9000万ドル(同23セント)の赤字。売上高は12億5000万ド ルと前年同期に比べ3倍以上増加した。

----------------------------------------------------------------------- ◎米プログレッシブの債務格付けを「A1」に引き上げ-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、米自動車 保険3位プログレッシブの無担保優先債務格付けを「A2」から「A1」に1 段階引き上げた。保険会社の格下げが相次ぐなかでの格上げ。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE