ドイツ銀:アナリスト利益相反問題で重要文書を紛失-米加州当局

米カリフォルニア州当局は 23日、欧州の銀行大手ドイツ銀行が、アナリストの利益相反問題をめぐる調査 に必要な電子メールを紛失したと報告していることを明らかにした。

同社は先に、当局が要求した文書の80%しか提出しなかったことを理由に、 証券各社と当局の総額14億ドル(約1700億円)の包括和解案の対象から外さ れている。調査を担当しているカリフォルニア州企業局は、何通のメールが紛 失したかは不明としている。広報担当のコブユー氏は「紛失した電子メールが 送信された時期や回答が必要な疑問点などについて、パターンを見出していく」 と述べた。

当局から不正行為の容疑をかけられた場合、投資家による損害賠償訴訟で 同社の立場が不利になるとみられる。ドイツ銀の広報担当者プラガサム氏は、 直ちにはコメントできないと述べた。

サンノゼ連邦地裁 Pham-Duy Nguyen 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE