スーパー5社:3月売上高、ヨーカ堂など4社が前年割れ-イオンは増加

ブルームバーグ・ニュースがまとめた 総合スーパー5社の3月の既存店売上高は、西友やイトーヨーカ堂など4社が前 年割れとなった。食料品は堅調だったが、気温の低い日が多かったことなどから 春物の衣料品が振るわなかった。4月の売り上げ状況も衣料品を中心に苦戦して おり、個人消費の環境は依然として明るい兆しが見えてこない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。