3月原油輸入量は前年比19%増、金額69%増-前期輸入量2.9%増(3)

財務省が23日発表した貿易統計 によると、3月の日本の原油・粗油の輸入量は前年同月比で19%増の2284万 キロリットルとなった。金額ベースでは同69%増の5525億円だった。また、 2002年度の原油・粗油の輸入量はその前の年度に比べて2.9%増の2億4486 万キロリットル、金額ベースでは同16%増の5兆1468億円だった。

2002年度の原油輸入は、数量の伸びが3%弱だったのに対して、金額ベ ースでは2ケタの伸びとなった。中東産ドバイ原油価格の2002年度の平均価 格は1バレル25.85ドルと前年度に比べ18.6%上昇したことが要因。

それに対して2002年度のレギュラーガソリンの全国平均小売価格は1リ ットル当たり99.8円。前年度に比べて小売価格は1.1%下落しており、「原 油コストの上昇分を小売価格に転嫁ができなかった」(日本エネルギー経済研究 所石油情報センターの大橋益男調査役)ことが、石油元売り各社の利益圧迫要 因となっている。

     【3月の原油・粗油の輸入量など】(財務省発表)
                                        数量     前年同月比%
 原油・粗油(千キロリットル)           22845        +18.5
 石油製品  (千キロリットル)
 (揮発油)                              2383        +12.9
 (重油)                                 268        +92.2
 液化石油ガス(千トン)                  1355        + 4.7
 液化天然ガス(千トン)                  5169        +19.2

      【2002年度の原油・粗油の輸入量など】(財務省発表)
                                        数量     前年同月比%
 原油・粗油(千キロリットル)          244861        + 2.9
 石油製品  (千キロリットル)
 (揮発油)                             29820        + 2.1
 (重油)                                2688        +11.8
 液化石油ガス(千トン)                 14259        - 0.1
 液化天然ガス(千トン)                 55018        + 1.1

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --*(03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor : E.Ueno

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE