政府:新潟県は23日の意向、東電原発現状説明-原子力安全保安院長が

東京電力の原発再稼働問題で政府は、 立地点の1つである新潟県に23日に現状説明に赴く意向だ。経済産業省の原子 力安全・保安院の佐々木宣彦・院長が県を訪れる。新潟県の柏崎刈羽原発の6 号機は稼働前試験(格納容器漏えい率検査、リークテスト)をクリアしており、 この試験を含めた現状を説明する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。