政府:新潟県は23日の意向、東電原発現状説明-原子力安全保安院長が

東京電力の原発再稼働問題で政府は、 立地点の1つである新潟県に23日に現状説明に赴く意向だ。経済産業省の原子 力安全・保安院の佐々木宣彦・院長が県を訪れる。新潟県の柏崎刈羽原発の6 号機は稼働前試験(格納容器漏えい率検査、リークテスト)をクリアしており、 この試験を含めた現状を説明する。

平沼赳夫・経済産業相が18日、閣議後の記者会見で明らかにした。平沼経 産相は会見で、佐々木院長の新潟訪問を明らかにしたうえで、県が求めている 原発の安全宣言については「宣言する形式は、地元とよく相談することが前提。 安全宣言をしに行くわけではない。あくまでも保安院が説明にいく」と述べた。

23日の日程については県と調整中で、最終的にずれる可能性がある。経産 相自身が新潟県に行くことについては、柏崎6号機は原子炉圧力容器内の炉心 隔壁(シュラウド)の対策を済ませ、再循環系配管は設備として備えていない といった理由から、「今のところは考えていない」と語った。

佐々木院長は、東電原発のもう1つの立地点である福島県には、きょう18 日午後、現状説明に訪れる予定になっている。

東京 伊藤 辰雄 Tatsuo Ito

上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03)3201-3655 tito2@bloomberg.net Editor : E.Ueno

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE