石連会長:目先の「原油価格は25ドル前後で落ち着く」-会見(2)

石油連盟の岡部敬一郎会長(コスモ石油会長 兼社長)は16日の定例会見で、イラク戦争終結後を見据えた目先のドバイ原油(現物) 価格見通しについて、石油輸出国機構(OPEC)が価格低下を防ぐため減産する見通 しであることや、イラクの原油生産が回復するには数カ月かかるとの見方から 「(1バ レル当たり)25ドル前後で落ち着く」と述べ、大きく下落することはないとの見方を示 した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。