【個別銘柄】:イズミ、住友信、NECソフ、C&S、明電舎、三協精

16日午前の主な売買銘柄の終値は 次の通り。

イズミ(8273):反落して始まったものの、午前引け近くから上昇に転じ、 午前終値は36円(2.7%)高の1395円。個人消費の低迷で同業他社が厳しい決 算を強いられるなか、今期も増収増益を確保できる見通しであり、業績好調を 評価する買い注文が根強いようだ。

NECソフト(4774):142円(9.3%)高の1663円。米インテルの決算 内容を受けてIT(情報技術)銘柄がほぼ全面高となるなか、上げ幅が目立っ ている。売られすぎの反動と割安感で買われているようだ。

シーアンドエス(7437):35円(2.2%)安の1590円と反落。既存店売上 高の落ち込みと店舗のスクラップアンドビルドで今期減収減益の業績見通しを 発表。先行してリストラを行った上位企業との格差が広がるとの不安が高まっ た。

明電舎(6508):7円(4.6%)高の159円。一時、前日比8%高の164円 まで上昇した。東京電力がすべての原子力発電所の稼働を停止するなかで、水 力や風力発電の事業拡大が期待できるとの観測が優勢になっている。

三協精機製作所(7757):33円(14%)高の271円。一時、48円(20%) 高の286円で年初来高値を更新した。カメラ付き携帯電話用の超小型レンズア クチュエーター(駆動機構)を開発したとの前日の発表を受け、将来的に業績 に寄与するとの思惑から個人投資家の買いを集めているようだ。

住友信託銀行(8403):取引開始から急騰し、一時、27円(9%)高の 337円まで上昇した。午前終値は15円(4.8%)高の325円。15日付の日本経 済新聞が同行の公的資金早期返済計画について報道したことや、英紙フィナン シャルタイムズも15日付で、同行財務の健全性を評価する記事を掲載したこと などが材料視されたものとみられ、海外投資家からの買いが入っているもよう だ。

一方、大手銀行グループ株も小幅に上昇して始まったが、UFJホ-ルデ ィングス(8307)を除き、下落に転じた。みずほフィナンシャルグループ (8411)が1500円(2.2%)安の6万7700円、三菱東京フィナンシャルグルー プ(8306)が1万1000円(2.6%)安の41万1000円、UFJホールディング スが500円(0.5%)高の9万8500円、三井住友フィナンシャルグループ (8316)が1000円(0.5%)安の18万8000円。

東京 桜井 勉 Tsutomu Sakurai --* (03)3201-3556 tsakurai1@bloomberg.net Editor:Ushiroyama

イズミ 8273 JP <Equity> CN

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE