国と東電の安全宣言待つ、原発再稼働で新潟県-3者会談で態度表明へ

東京電力の柏崎刈羽原子 力発電所(新潟県柏崎市刈羽村)がある新潟県は、停止原発の再稼働に際して 国と東電の安全宣言を待つ方針だ。設備として再開に問題はないとの表明を受 けたうえで県知事、市長と村長による3者会談を開いて地元として再開に了解 する。新潟県柏崎市(防災原子力安全対策課)の関矢広之主査が15日、明らか にした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。