C&S:03年2月期の連結純利益は1.6%増の115億円-売り上げ低迷

コンビニエンスストア業界4位のシー アンドエス(C&S)が15日発表した2003年2月期連結決算によると、純利益 は前期比1.6%増の115億円となった。個人消費の低迷を受けて、既存店売上高 が同2.0%減と低迷したほか、粗利益率も若干悪化した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。