米イリノイ州議会、敗訴のたばこ会社が積む保証金の減額案を否決

米 イリノイ州の議会は3日、損害賠償訴訟で敗訴したたばこ会社が上訴するため に納める必要がある保証金の額を減額する修正案を否決した。アルトリア・グ ループ傘下のたばこメーカー、フィリップ・モリスUSAは、101億ドル(1兆 2100億円)の支払いを求める判決を不服として上訴するため、120億ドルの保 証金支払いを求められている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。