昭和シェル:4月の原油処理計画は22%増の244万キロリットル(2)

昭和シェル石油は3日、4月の原油処理計画 を前年同月比22%増の244万キロリットルにすると発表した。

昨年4月に製油所の定期修理を行っていた反動で大幅増となった。一昨年4月との 比較では1%増となる。需要が拡大している電力用C重油を除いた燃料油需要は前年同 月比2%減を計画している。

石油各社の4月の原油処理計画は、東京電力向けのC重油需要の拡大などで前年同 月 を上回っている。一方、4月に製油所の定期修理に入る出光興産は2ケタ減となる。

昭和シェル石油の株価は前日比2円(0.3%)高の761円(午前終値)。

【石油各社の4月原油処理計画】(単位キロリットル、カッコ内は前年同月比)
新日本石油       540万(10%)
出光興産     230万(-14%)
ジャパンエナジー 234万(6%)
昭和シェル石油  244万(22%)

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki

ジュリー・テイ Julie Tay --* (03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Abe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE