米経済ダイジェスト:サーキット・シティ決算、リライアント格上げ

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎サーキット・シティ:12-2月期は47%減益、売上高5%減少

米家電小売り2位のサーキット・シティ・ストアーズが2日発表した第4 四半期(12-2月)決算は、純利益が7530万ドル(1株当たり36セント)と、 前年同期に比べ47%減少した。人員削減費用の計上や携帯電話やパソコンの販 売の減少が響いた。売上高は同5%減の32億ドル。

----------------------------------------------------------------------- ◎グッドイヤーの格付けを「B+」に1段階引き下げ-S&P

米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は2日、タイヤ 大手グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバーの無担保優先債務格付けの一部を 「BB-」から「B+」に1段階引き下げた。同社の有担保債務の増加を理由 に挙げている。発行体格付けは「BB-」のまま据え置き。

----------------------------------------------------------------------- ◎リライアントの格付けを「B」に3段階引き上げ-S&P

米S&Pは2日、米発電会社リライアント・リソーシズの発行体格付けを 「CCC」から「B」に3段階引き上げた。62億ドル(約7400億円)の銀行 融資を確保し、経営破たんを回避したのが背景。

----------------------------------------------------------------------- ◎インテル:E&Yを監査役から外す可能性も-CEOの報酬を減額

半導体最大手の米インテルは2日、大手会計事務所アーンスト・アンド・ ヤング(E&Y)を同社の監査役から外す可能性があることとと、バレット最 高経営責任者(CEO)の昨年の報酬を5.2%減額したことを明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎H&Rブロック:ことしの利益目標を達成または上回る見込み

米税務サービス最大手H&Rブロックは2日、ことしの利益について1株 あたり3.10-3.25ドルの目標を達成するか上回るとの見通しを示した。オンラ インサービスの顧客増加などが背景。

----------------------------------------------------------------------- ◎モンサント:1-3月期利益は予想以上-ブラジルの販売増やコスト削減で

遺伝子組み替え農産物最大手の米モンサントは2日、第1四半期(1-3 月)の利益は予想を上回ったと発表した。ブラジル地域の販売増加や一部コス トの減少による。具体的な数値は明らかにしていない。

----------------------------------------------------------------------- ◎フィデリティ、個人投資家部門で18人削減

米投信運用最大手のフィデリティ・インベストメンツは3日、個人投資家 部門で、18人の従業員を削減したことを明らかにした。2月に発表された組織 再編計画の一環。

----------------------------------------------------------------------- ◎NY州司法長官、ダウ・ケミカル子会社を提訴へ

米ニューヨーク州のスピッツァー司法長官は2日、米化学大手ダウ・ケミ カルを提訴する計画であることを明らかにした。同長官は、同社が殺虫剤 「Dursban」を「安全」とする広告を行い、1994年に成立した同州との合意に 違反したと主張している。

----------------------------------------------------------------------- ◎GEのシャーリンCFO:ことしの利益見通しは達成可能

複合大手、米ゼネラル・エレクトリック(GE)のシャーリン最高財務責 任者(CFO)は2日のアナリスト会議で、ことしの利益目標を達成する見通 しであることを明らかにした。医療、金融両部門の利益増加が支え。

----------------------------------------------------------------------- ◎ボーイング:1-3月期の民間機納入数は前年比35%減の71機

航空機最大手の米ボーイングが2日発表した第1四半期(1-3月)の民 間機の納入数は前年同期比35%減の71機だった。旅客需要の減少に対応し、 航空各社が発注をキャンセルしたのが背景。

----------------------------------------------------------------------- ◎デル、EMCと共同でストレージ製品の生産開始

パソコン最大手の米デルコンピュータは2日、ストレージ(外部記憶装 置)大手EMCと共同で、ストレージ製品の生産を開始したことを明らかにし た。中小企業向け製品販売を増強するのが狙い。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata、 --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kobari

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE