電力10社:社債発行額26%削減、設備投資抑制で-Jパワー拡大へ(2)

電力需要の伸び悩みに見舞われている 電力各社は、2003年度の社債発行額を軒並み減らす。ブルームバーグ・ニュー スの集計によると10社合計の発行額は前年度に比べて26%減少する。設備投資 をはじめとする資金需要が減少しているうえ、前年度の低金利で前倒し発行し た反動も出る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。