コンテンツにスキップする

原油相場が一時2%高-イラクの原油輸出減の長期化を懸念

27日のシンガポール時間 の取引で原油相場が上昇し、一時2%高となった。イラク兵の激しい抵抗に遭 い、米軍のバグダッド進攻が遅れていることを受け、原油供給の混乱が当初予 想以上に長引くとの見方が広がっている。

ブッシュ米大統領は26日、米英を中心とする合同軍の軍事作戦について、 「順調に進んでいるが、戦争終結までにはほど遠い」と述べた。国連によると、 米英軍のイラク攻撃を受け、イラクの原油輸出はほぼ1週間にわたり停止して いる。

原油先物5月限はニューヨーク商業取引所(NYMEX)時間外電子取引 で一時、ニューヨーク時間の取引に比べ57セント高の1バレル=29.20ドルま で上昇。シンガポール時間午前9時11分(日本時間午前10時11分)現在、 同29.10ドルで推移している。

シンガポール Sri Jegarajah ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai 東京 小針 章子 Akiko Kobari --*(813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE