コンテンツにスキップする

原油相場、一時2.2%高-イラク戦長期化の可能性示唆で

26日のシンガポール時間 の取引で原油相場が上昇し、一時2.2%高となった。ラムズフェルド米国防長 官がイラク戦争終結まで数カ月かかるとの可能性を指摘したことを受け、イラ クの原油輸出の混乱は長引くとの懸念が強まった。

同長官は25日、米国防総省で会見し、米主導のイラク戦争は「終わりよ りも始まりに近い」との認識を示したうえで、戦闘が数週間あるいは数カ月続 く可能性を示唆した。米英軍はイラク南部で引き続き抵抗に遭っているものの、 首都バグダッドに約80キロの地点に進攻した。

原油先物5月限はニューヨーク商業取引所(NYMEX)時間外電子取引 で一時、ニューヨーク時間の取引に比べ64セント高の1バレル=28.61ドルま で上昇。シンガポール時間午前10時25分(日本時間午前11時25分)現在、 同28.51ドルで推移している。

石油先物トレーダーのグラニット・キャピタルのバレット社長は「バグダ ッドでの戦いは長期化する可能性がある」とし、「一軒一軒しらみつぶしに当 たるゲリラ戦型の戦いとなる公算が大きく、米英軍の進撃は難航するだろう」 と語る。

シンガポール Sri Jegarajah 東京 小針 章子 Akiko Kobari

木下 晶代 Akiyo Kinoshita --*(813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE