コンテンツにスキップする

イラク幹部、バグダッドに堅固な地下防空壕を所有-ロイター

サラエボ(ボスニア・ヘルツェゴビナ) 3月26日(ブルームバー グ):ロイター通信は26日、イラク政府幹部は首都バグダッドに空爆回避の ための堅固な地下防空壕を所有していると報じた。防空壕の建設に協力したユ ーゴスラビア人の退役将校の話を基に伝えた。

同退役将校によると、「防空壕は20キロトンの威力を持つ爆弾の直撃や 原子爆弾の衝撃にも耐え得る」もので、「中にいる人間は外部から遮断された 状態で半年間持ちこたえられる」という。

故チトー政権下のユーゴスラビアで政府幹部用に建設された防空壕を見て、 イラク政府はユーゴスラビアの軍人を雇い入れ、フセイン・イラク大統領用と して、1970年代後半にバグダッドをはじめ、モスル、キルクーク、バスラ、ナ シリヤにもこの種の防空壕を建設したという。

シドニー Paul Tighe 東京 小針 章子 Akiko Kobari --*(813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE