コンテンツにスキップする

仏国民の81%がイラク戦争による自国内でのテロ誘発を懸念-世論調査

フランス国民の80%以上が、米英軍 によるイラク戦争により、自国内でもテロ攻撃が誘発されると懸念している。 日刊紙パリジエンが調査会社CSAに委託して実施した世論調査によると、シ ラク・フランス大統領がイラク戦争反対を主導したにもかかわらず、同国民の 81%が同戦争により、フランス国内でもテロ攻撃が誘発され、人種間の緊張が 高まると不安を感じている。

また、フランス国民の3分の1は、同国が米国のイラク戦争を支持してい ないため、米国から政治・経済的な報復を受けると懸念している。CSAは開 戦直後の20日に、調査を実施した。

パリ Katrin Bennhold ワシントン 山広恒夫 Tsuneo Yamahiro

--*(202)624-1968 tyamahiro@bloomberg.net Editor:Yamahiro

種類別ニュース: NI EM  NI ARO  NI POL  NI MEAF  NI COS  NI GEN

NI UK NI GNL  NI SUM  NI EUROPE  NI BNSTAFF  NI WAR  NI NEW NI DEF  NI UN  NI IRAQ  NI GOV  NI OIL  NI MIDEAST NI US  NI NRG

NI AME  NI NORTHAM  NI ECO  NI IRAQTOP NI JAPAN NI ASIA NI JFALL NI TOPKAIGAI NI JKTOP NI JFC

人名録: DONALD HENRY RUMSFELD SADDAM HUSSEIN RICHARD B MYERS

##

##

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE