コンテンツにスキップする

ドコモ:携帯電話、FOMA、2002年度分の接続料金を値下げ

東京 3月20日(ブルームバーグ):移動体通信国内最大手のNTTドコモ は20日、2002年度に適用される従来型の携帯電話と第三世代携帯電話FOMA の接続料金を前年度に比べて最大5.5%値下げすると発表した。同日、総務相に 届け出た。

同社は値下げによる減収額を「数十億円」(広報部・長谷川徳生氏)と試算。 改定料金は2002年4月1日にさかのぼって適用される。接続料金が改定される のは、他社のPHS、携帯電話、国際電話からドコモの携帯電話にかけるケース と、ドコモの携帯から他社の国際電話、フリーダイヤルなどにかけるケース。同 一のドコモ地域会社内における通話の場合、携帯電話であれば現行の1秒0.218 円から1秒0.206円に5.5%引き下げられる。

NTTドコモの株価終値は前日比1万2000円(5.5%)高の23万2000円。

東京 矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa --* (03)3201-8982 tyazawa@loomberg.net Editor:Okubo

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE