コンテンツにスキップする

石連会長:IEAの緊急時対策の実施、OPEC緊急増産を期待

石油連盟の岡部敬一郎会長(コスモ石油会長 兼社長)は20日、米軍主導によるイラク攻撃の開始を受けて「原油市場を安定させるた め、国際エネルギー機関(IEA)による緊急時対応対策の実施とともに、石油輸出国 機構(OPEC)がイラクからの輸出不足分を緊急増産することを期待したい」とのコメ ントを発表した。

また、2003年1月末時点で171日分(民間備蓄79日分、国家備蓄92日分)の石 油備蓄があることを踏まえ「石油供給上の心配はなく、必要に応じて政府と十分協議し ながら石油の供給に万全を期す所存である」と強調した。

原油価格見通しについては、1991年の湾岸戦争時のように戦争期間が限定的にと どまる限り、石油の不需要期を迎えるなどから「早期に安定すると予想する」としている。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --* (03) 3201-8594 isuzuki@bloomberg.net    Editor:Abe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE