コンテンツにスキップする

香港の研究者、謎の肺炎の原因ウイルスを確認(2)

世界で少なくとも6人の死者を出し たとされる謎の肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)は、おたふく風邪の原 因となるウイルスの仲間のひとつであることが、香港中分大学が19日までに発 表した資料で明らかになった。

同大学の研究者が電子顕微鏡を使って調べたところ、原因ウイルスはパラミ クソウイルス科の仲間で、現在治療として施されているウイルス感染の治療が適 切であることが示唆されたという。治療には、肺の炎症を抑えるためにステロイ ドも投与されている。

今回の発見は治療とワクチンの開発を可能にする。WHO(世界保健機関) によると、2月以降、SARSの患者は全世界で少なくも219人に上る。症例 は主として、香港やベトナム、シンガポール、カナダで報告されている。

香港  Christopher Evans 東京  崎浜秀磨 Hidekiyo Sakihama --* (03)3201-8878 ksakihama@bloomberg.net   Editor:Kobari

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE