コンテンツにスキップする

ドコモ:通話料金値下げ、「現時点で具体的に決定していない」

東京 3月14日(ブルームバーグ):移動体通信国内最大手のNTTドコモ は14日、固定電話から携帯電話にかける通話料金を現在の3分80円(平日昼 間)から同70円に引き下げるとの同日付の日経新聞の報道について、「日ごろ からお客様がご利用しやすいよう料金設定を検討しているが、現時点で具体的に 決定しているものはない」とのコメントを発表した。

同紙は、月内に総務省に料金改定を届け出、5月から全国一斉に値下げする 方向で調整しており、実現すれば、2000年12月以来2年半ぶりの値下げとなる と報じていた。

NTTドコモの株価は前日比8000円(3.8%)高の21万8000円(午後1時 9分現在)。

東京 矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa --* (03)3201-8982 tyazawa@bloomberg.net Editor:Okubo

業界別ニュース:JBN17 無線通信 NI WRLS 通信 NI TLS インターネ

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE