コンテンツにスキップする

米SECが調査:AOLによる取引先企業の不正会計支援容疑-WP

12日付の米ワシントン・ポ スト紙によると、米メディア大手AOLタイム・ワーナーのインターネット部 門、アメリカ・オンライン(AOL)の会計問題を調査している米連邦金融監 督当局は、調査対象範囲をAOLの取引先企業まで拡大、AOLがこれら企業 の売上高水増しを「支援し、かつ促す」行為をしなかったか調べている。

同紙によると、米金融当局はAOLの元幹部コルバーン氏とケラー氏の行 動に着目し、オンライン不動産情報会社、ホームストアなど取引先企業の売上 高水増し行為に荷担しなかったか、調べている。米証券取引委員会(SEC) によると、AOLは取引先企業との間で架空の取引をでっちあげ、相手企業の 売上高が膨らむように支援した可能性がある。

AOLタイム・ワーナーの広報担当、アドラー氏はポスト紙の取材に対し、 「今後も政府の調査に協力していく」と述べた。

ロサンゼルス Josh Fineman ニューヨーク 高井 夕起子 Yukiko Takai --* (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE