コンテンツにスキップする

英ロールス・ロイスなど、FT100種から除外見通し-C&Wは復帰へ

世界2位の航空機エンジンメー カー、英ロールス・ロイスは、3月下旬の銘柄入れ替えで英FT100種株価指数 の構成銘柄から外れる見通しだ。一方、通信大手のケーブル・アンド・ワイヤ レス(C&W)は構成銘柄に復帰するとみられる。

指数を算出しているFTSEグループは12日の通常取引終了後に、四半期 ごとの銘柄見直しを行う。見直しは、11日の終値から算出した時価総額に基づ いて行われ、24日から有効になる。前回の見直し以降、時価総額上位90社とな っている銘柄は無条件に採用され、111位以下に後退した企業はFT250指数に 移行する。指数に採用された銘柄は、指数連動投信からの買いが見込まれるた め、上昇する可能性が高い。

この基準によると、ロールス・ロイスのほかに、エンジニアリングのイン ベンシス、航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、総合保険のロイヤ ル・アンド・サン・アライアンス・インシュアランス・グループがFT100指数 から外れる見通し。BAは2002年9月の除外後、同年12月に復帰したところ だった。代わって採用されるとみられるのは水処理会社のケルダ・グループ、 消費者金融のプロビデント・ファイナンシャルなど。

ロンドン Sam Fleming 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net     Editor:Kobari

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE