コンテンツにスキップする

ドコモ:パナソニック製のFOMA新端末を15日に発売

東京 3月11日(ブルームバーグ):移動体通信国内最大手のNTTドコモ は11日、第三世代携帯電話サービス、FOMAに対応したパナソニックモバイ ルコミュニケーションズ製の携帯端末を15日に発売すると発表した。同機種は 今春までに発売を予定していたFOMA3機種のうち最後のモデル。ドコモはす でに富士通とNEC製の端末をそれぞれ1月18日と23日に発売し、売り上げを 伸ばしている。

新端末「P2101V」はメモリーカード対応で、最大約3時間の動画録画と約 7600枚の静止画撮影が可能。動画をメールに添付して送信することもできる。 連続待ち受け時間は約250時間。2.35インチ最大26万2144色のカラーTFD (薄膜ダイオード)液晶モニターを搭載する。

FOMAの2月末の累計契約数は19万1500台。2001年10月の発売以来、 契約数は低迷していたが、低価格の新機種投入とサービス地域の拡大が奏功し、 2月の契約純増は3万7000台と、発売以来最高を記録した。

NTTドコモの株価終値は前日比7000円(3.4%)安の20万1000円。

東京 矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa --* (03)3201-8982 tyazawa@bloomberg.net Editor:Okubo

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE