コンテンツにスキップする

CSFB幹部のオグンレシ氏ら、エンロン調査で証言求める召喚状

米エネルギー卸売会社エンロ ンの破たん処理を進めている米破産裁判所は6日までに、スイスの銀行2位、 クレディ・スイス・グループの証券部門、クレディ・スイス・ファースト・ボ ストン(CSFB)の世界投資銀行部門責任者オグンレシ氏ら7人の幹部に、 法廷での証言を命ずる召喚状を送った。

米司法省の指名を受けてエンロン破たんの調査を行っているバトソン弁護 士が明らかにしたところによると、同弁護士は破産裁判所判事に、CSFB幹 部の召喚を要請した。出廷を拒否した場合は、法廷侮辱罪に問われる。同弁護 士によると、幹部らは投資家による訴訟で提出を求められている証拠の整理が 終わるまで、出廷を遅らせようとしていた。

CSFBは、エンロンの社債販売をめぐって当局の捜査や投資家の訴訟に 直面している。バトソン氏は、ほかにも数名の同社幹部の証言を求めていると 述べた。CSFBの広報担当者ギャラハー氏によると、バトソン氏は他の7社 の投資銀行従業員からも証言を求める見通し。

ニューヨーク David E. Rovella 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE