コンテンツにスキップする

米NASD、CSFB出身のクアトロン氏を告発-利益相反問題で

全米証券業協会(NASD)は 6日、証券大手クレディ・スイス・ファースト・ボストン(CSFB)の元ハ イテク企業担当責任者、クアトロン氏(47歳)を告発した。株式新規公開(I PO)担当の投資銀行業務と株式調査部の利益をめぐって不正行為を犯した疑 い。1990年後半に表面化した一連のアナリスト利益相反問題で、投資銀行員が 個人として告発されたのは今回が始めて。

NASDはクアトロン氏が、アナリスト利益相反問題で調査に協力しなか ったことも告発の理由に挙げている。NASDの規制担当責任者シャピロ氏は 「投資銀行業務の売り上げを伸ばすため、過去の多くのケースにおいて、投資 家の利益が歪められた」と指摘、「個人に不正の責任を負わせるのは必要なこと」 と指摘した。

クアトロン氏は4日、アナリスト利益相反問題で検察当局の捜査を受ける 最中に辞任を表明。CSFBは先月、クアトロン氏が部下に文書破棄を容認し たのは「適切」でなかったとして、クアトロン氏を停職処分にしていた。

ニューヨーク Ed Leefeldt   高井 夕起子 Yukiko Takai --* (212) 893-3007 ytakai@bloomberg.net Editor:Yamahiro

NI WNEWS, NI LAW

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE