コンテンツにスキップする

ヤフー:ソフバンクが株式4万株を売り出し、東証1部上場は未定

インターネット検索国内最大手のヤフ ーは3日、普通株式4万株を売り出すと発表した。親会社のソフトバンクが約 8%を放出する。ソフバンクグループに偏った現状の株式分布状況を改善するほ か、流動性の向上を図ることが目的。

同日付の日本経済新聞は、ヤフーが6月にも上場先をジャスダック市場から 東証一部に変更すると報じたが、ヤフーは東京証券取引所に提出した報道資料で、 「東証1部上場についてはまだ申請もしておらず未定」と発表した。

ブロードバンド事業を手がけるソフトバンクBBが2万5000株、ソフトバ ンクが1万5000株を放出する。売り出し後のソフトバンクグループの保有株式 数は19万7608株、保有比率は約42%となるが、実質支配力基準に基づきヤフ ーは引き続きソフバンクの連結子会社となる。

ヤフーの2月28日終値204万円で算出すれば、総売却代金は計816億円、 連結ベースでの投資有価証券売却益は約780億円になる見込み。ソフバンクは売 却代金をブロードバンド(高速大容量通信)事業へ充当する。

ヤフーは現在、ソフバンクと米ヤフーの持ち株比率が83.9%で、東証が定 める1部指定基準「大株主上位10社の持ち株比率が80%以下」を満たしていな い。ソフトバンクBBとソフトバンクが株式を売り出すことにより、同比率は

75.6%に低下する見通しだ。

売り出し価格は10日から12日までのいずれかの日に決定する予定。申し 込み期間は売り出し価格決定日の翌営業日から3営業日後まで。主幹事は大和証 券SMBC。

ソフトバンクの昨年9月中間期末時点の有利子負債は3074億円。また、ブ ルームバーグ・データによれば、ソフバンクが今後、償還しなければならない社 債は1704億円。現在交渉を進めているあおぞら銀行(旧日本債券信用銀行)の 売却とヤフー株の一部売却で、ソフバンクはブロードバンド事業の競争力強化を 図るほか、負債圧縮の原資をねん出したい考えとみられる。

ソフトバンクの午前終値は前週末比116円(7.4%)高の1678円と続伸。こ れに対してヤフーは同18万円(8.8%)安の186万円。ワールド日栄証券投資調 査部の藤井知明課長は、ヤフー株の下落について、「売り出しによる需給悪化を 懸念しているということだろう」とみている。

約300億円の日本株を運用するENアセット・マネジメントのジョン・イー ストン氏は「約8%の放出は売買高で約70日分に相当する。ソフトバンクがヤ フーの42%を保有し続けることを考慮しても、市場が今回の売却をネガティブ (悪材料)と受け止めることは驚きではない。ソフトバンクにとっては良いニュ ースかもしれないが、ヤフーにとって良いニュースではないのは明らかだ」との 見解を示した。

東京 矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa

山崎 朝子 Tomoko Yamazaki

竹本 能文   Yoshifumi Takemoto

鷺池秀樹 Hideki Sagiike --* 03-3201-8293 hsagiike@bloomberg.net Editor:Murotani/Okubo

参考画面:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE