独シエーリング10-12月期:18%増益-主力薬の売り上げ増が貢献

ドイツの医薬品大手シエーリン グが28日発表した2002年第4四半期(10-12月)決算では、純利益が前年同期 比18%増加した。主力薬の多発性硬化症治療薬や経口避妊薬の売り上げ増が寄 与した。

10-12月期の純利益は1億300万ユーロ(1株当たり0.52ユーロ)と、前 年同期の8700万ユーロ(同0.44ユーロ)から上昇した。同社の前月の発表に よると、売上高は同1%を下回る増加にとどまり12億7000万ユーロだった。

またシエーリングは2003年の収益見通しについては、ユーロ相場上昇によ り売上高が目減りする影響で、前年比10%を下回る水準の伸びのまま据え置い た。同社は売上高の53%をユーロ圏外から得ている。

ベルリンMartiga Lohn ロンドン 吉崎美帆 Miho Yoshizaki

--*(44 20) 7073-3636 myoshizaki@bloomberg.net  Editor: OKOCHI

SCH GR <Equity>