コンテンツにスキップする

チューリッヒの7-12月期:赤字13.7億ドルに拡大-減配へ(2)

欧州大手保険会社、スイスの チューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズが27日発表した2002年下期(7 -12月)決算は、投資評価損の計上や4500人の削減費用などが響き、赤字を計 上した。

純損失は13億7000万ドル。赤字額は、2001年9月の米同時多発テロに伴 う損失を計上した前年同期の12億5000万ドルから拡大するとともに、アナリ スト予想(11億1000万ドルの赤字)を上回った。

2002年通期の純損失は34億ドルで、前年の3億8700万ドルの赤字に比べ て悪化した。同社は赤字拡大を受け、2002年の配当を1スイス・フランと、前 年の8スイス・フランから引き下げる計画。シロ最高経営責任者(CEO)は 「株式市場は軟調で、金利は過去最低の水準に低迷しているため、当社の生命 保険事業や投資に悪影響が及んでいる」との見解を示した。

チューリヒ Philipp Goellner 東京 守護 清恵 Kiyoe Shugo --* (03)3201-7499 kshugo@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE