コンテンツにスキップする

米Kマートの元幹部2人を起訴-破たんに関連した初の刑事訴追

米検察当局 は26日、売り上げ水増しによる証券詐欺の罪で、昨年1月に破たんしたディス カウントストア米3位のKマートの元幹部2人を起訴したと発表した。同社の 破たんに関連した刑事訴追は初めて。有罪が確定すれば、最高10年の禁固刑と 罰金100万ドル(約1億2000万円)が科せられる可能性がある。

起訴されたのは、元バイスプレジデントのエニオ・モンティーニ氏(51) とジョゼフ・ホフマイスター氏(52)。起訴状によると両氏は、商品供給業者の 米アメリカン・グリーティングスがKマート店舗内に商品陳列スペースを確保 するために支払った契約金4230万ドルを不当に売上高として計上し、米証券取 引委員会(SEC)に報告していたという。SECも同日、両氏を相手取り訴 えを起こした。

Kマートの報道担当は「この発表についてコメントするのは不適切。われ われは政府のすべての調査に完全に協力している」と述べた。アメリカン・グ リーティングスの報道担当からのコメントは得られていない。

デトロイト Margaret Cronin Fisk プリンストン Rachel Katz 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Kobari

種類別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE