コンテンツにスキップする

米小売業:2月22日の週売上高前週比0.8%減、前年比1.9%減

東京三菱銀行とUBSウォ ー バーグがまとめた米小売業界統計によると、先週(2月16日-22日)の米 主要小売業の既存店売上高は、前週比0.8%減少した。17日の大統領誕生日の 祝日に、米東海岸一帯が7年ぶりの大雪となった影響を強く受けた。1年前と の比較でも、売上高は1.9%の減少(前週は1.5%減少)と、2週連続で前年の 水準を下回った。

東京三菱銀は現時点で、2月の既存店売上高を前年同月比横ばいから0.5% の減少と予想。前週時点の見通し(同0.5%増)から下方修正した。前年同月実 績が同6.2%増と膨らんだことの反動が見込まれるのに加え、大雪によって、3 連休の販売が当初計画を大幅に下回ったことが、少なくとも0.5ポイントから

0.75ポイントの押し下げ要因となると見ている。1月の売上高は、前年同月比

1.8%の増加だった。

ニューヨーク 河合美奈子 Minako Kawai --*(212)318-2328 minkawai@bloomberg.net Editor:Yamahiro

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE