コンテンツにスキップする

帝国石油:下期純利益3億9900万円、原油高で-通期利益15%増予想

天然ガス国内最大手の帝国石油の下期 連結純利益は3億9900万円と、前年同期の約2.7倍に膨らんだ。原油価格の上 昇や石油製品の販売が利益を膨らませた。

帝国石油が25日発表した2002月12月期の通期純利益は前期比8.3%減の 52億3300万円に減少。上期で48億3400万円の利益を計上しており、下期は3 億9900万円の利益になった。前年同期の純利益は1億5000万円だった。

これは1月9日に業績修正をした数値をやや上回る実績になった。寒さに よる天然ガスや灯油の販売増加や原油高で、下期の経常利益は前年同期の6.5 倍に当たる33億4300万円に増加した。配当は1円少ない年6円に減配する。

2003年12月期の連結純利益は、前期比15%増の60億円を予想している。 原油高や販売の増加で利益が拡大する。配当は据え置きの年6円とする。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Abe

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE