米経済ダイジェスト:マクドナルド訴訟、アライド・デバイシズ破産申請

米金融経済、企業動向に関する主な ニュースは次の通り(日時は米東部標準時)。

----------------------------------------------------------------------- ◎マクドナルドをあらためて提訴-NY市の肥満児童、商品の健康リスクで

世界最大のハンバーガー・チェーン、米マクドナルドは脂肪、塩分、コレ ステロールの含有量が多い商品の健康上のリスクを隠しているとして、ニュー ヨーク市に住む肥満児童2人の弁護士が19日、同社を相手取り、ニューヨーク 州南部連邦地裁に新たな訴訟を起こした。同地裁のスイート判事は数週間前、 この弁護士が起こした同様の集団訴訟を棄却したが、その際、誇大広告をめぐ る新たな訴訟の提起を認めていた。

----------------------------------------------------------------------- ◎CSFBを証券子会社DLJの元従業員が提訴-融資めぐり

スイス銀行2位のクレディ・スイス・グループに買収された米ドナルドソ ン・ラフキン・アンド・ジェンレット(DLJ)の元従業員が19日までに、買 収前に受けた融資をめぐり、クレディ・スイス・ファースト・ボストン(CS FB)を相手に訴えを起こした。

----------------------------------------------------------------------- ◎アライド・デバイシズ破産法申請-赤字決算に続く販売減に対処

精密機械部品の販売・供給を手掛ける米アライド・デバイシズは19日、赤 字決算に続く販売減少に対処するため、連邦破産法11条の適用を申請したこと を明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎ベルサウス:1-3月期に特別費用5億ドル-電話帳出版事業の会計変更で

米地域通信3位のベルサウスは19日、電話帳出版事業の売上高や費用の会 計基準を変更するのに伴い、第1四半期(1-3月)に5億ドルの特別費用を 計上すると発表した。

----------------------------------------------------------------------- ◎L3コミュニケーションズ:ことしの業績、従来見通しの達成可能

米空港での使用が承認された爆弾探知機を生産している米L3コミュニケ ーションズ・ホールディングスは19日、ことしの利益と売上高について、従来 の見通しを達成できることを明らかにした。

----------------------------------------------------------------------- ◎ファイザーに責任なし-テキサス州裁陪審が評決、糖尿病治療薬めぐる訴訟

製薬最大手、米ファイザー傘下ワーナー・ランバートの糖尿病治療薬 「Rezulin」(販売中止)をめぐる訴訟で、テキサス州裁判所の陪審は19日ま でに、日帰り医療センターの元職員がこの薬を服用し死亡したことについて、 ファイザーに責任はないとする評決を下した。

-----------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net   Editor:Kakuta

参考画面:

企業別ニュース: