ヤマハ発:今期売上高は1兆円超、経常益は過去最高へ-二輪車好調

東京 2月19日(ブルームバーグ):自動二輪車大手のヤマハ発動機は、今期 の連結業績はほぼ計画通り、売上高が同社では初の1兆円超えとなる見込みで、 経常利益とともに過去最高を更新する見通しだ。二輪車事業の売り上げ好調やコ スト削減が寄与する。田中宏・財務統括執行役員がブルームバーグ・ニュースの 取材に対して明らかにした。

田中氏はこのほど、2003年3月期通期の連結業績について、「売上高、経 常利益いずれも当初の計画を達成できるだろう」との見通しを示した。純利益に ついても、「税金関連の処理など計算がなかなか複雑だが、(計画の数値から は)減らないだろう」と述べた。

会社側では昨年11月、今期の連結売上高を前期比6.7%増の1兆100億円、 経常利益は同2倍の660億円、純利益は同2.6倍の250億円を計画し、いずれも 過去最高を予想している。

ヤマハ発では、中国などで低コストな部品調達を進めることなどによりコス ト削減を図っており、今後も30%程度削減したい考え。また、二輪車事業につ いては東南アジアでの売上高を増やし、2008年までにアジア市場でのシェアを 現在の6.7%から20%に引き上げる方針。

ヤマハ発の午前終値は前日比14円(1.4%)安の960円。

東京 白木 真紀 Maki Shiraki

リンゼィ・ウィップ Lindsay Whipp --* (03)3201-7644 mshiraki1@bloomberg.net Editor:Okimoto

企業ニュース:JBN18

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE