昭和シェル:下期純損益93億円黒字に転換-今期純利益14%減を予想

英蘭系メジャー(国際石油資本)ロイヤル・ ダッチ・シェルグループ、昭和シェル石油の前期の下期純利益は93 億円の黒字(前の 期の同期は31億円の赤字)に転換した。退職給付会計導入による特別損失がなくなり利 益を確保したが、会社予想には届かなかった。

昭和シェルが18日発表した2002年12月期通期の純利益は前の期に比べて約7倍の 187億円に拡大した。下期はこの数値から上期利益を差し引いて算出した。会社予想は 210億円(下期予想は117億円)だった。原油価格上昇に伴うコスト高を販売価格に十 分反映させることが出来ずに利益率(マージン)が悪化、増益幅が縮小した。 2003年12月期通期の純利益は、前期比14%減の160億円を予想した。売上高は同

1.8%増の1兆6500億円をみている。大和総研の佐久間和博アナリストは「原油高につ いては今期に本格的に収益に影響してくる」と予想した。

昭和シェルの株価終値は前日比18円(2.2%)安の805円。社債(償還期限2005年 11月17日、利率3.25%)の17日終値気配は107円49銭、利回りは 0.48%、同年限と の国債との利回り格差(スプレッド)は37ベーシスポイント。

東京 上野 英治郎 Eijiro Ueno

柯王 郁子 Ikuko Kao --* (03) 3201-8841 e.ueno@bloomberg.net Editor :Abe