ダイハツ:受注好調で「コペン」を増産、今夏には英・豪に輸出へ

池田市(大阪府) 2月14日(ブルームバーグ):トヨタ自動車の子会社で 軽自動車メーカーのダイハツ工業は、好調な受注が続く2人乗りのオープンカ ー「コペン」の生産能力を2月から日産54台から64台へと拡大した。現在、受 注残が3000台超あるため、生産能力の拡大で対応する。山田隆哉社長らが明 らかにした。

コペンは池田工場(大阪府池田市)内の専用工場で生産。当初は3つのラ インだったが、1本に再構築することで効率を高め生産能力を引き上げた。

発売を開始した昨年6月には、月産540台の規模だったが、9月以降は同 1000台超のペースに移行。今年の2月、3月は土曜日もフル操業し、1300台 規模を見込む。その後も1000台強を続け、6月には受注残を解消できる見通 し。発売当初は3-5年で計2万5000台の受注を見込んでいたが、半年で1 万1000台を得た。現在でも月間、500-700台の受注ペースで推移していると いう。

受注残の解消後は7月にも、生産余力分を利用して英国、オーストラリア 向けに輸出を開始する予定。ともに右ハンドルで日本仕様のまま販売でき、 「引き合いは大変強い」(山田社長)という。

ダイハツの株価終値は前日比3円(0.8%)安の386円(午前9時45分現 在)。

東京 鈴木 偉知郎 Ichiro Suzuki --* (03)3201-8594 isuzuki@bloomberg.net Editor:Hinoki