米ベスレヘム取締役会、インターナショナルスチールへの身売り承認

2001 年10月に連邦破産法11条(会社更生法)の適用を申請した米鉄鋼大手のベス レヘム・スチールは9日、同社取締役会が同業のインターナショナル・スチー ル・グループへの身売り計画を承認したことを明らかにした。

売却額は約15億ドル(約1800億円)で、ことし第2四半期(4-6月) に完了の見込みという。ただ破産裁判所から承認を受けるのは、入札期間が終 了してからとなる。ベスレヘムの広報担当者コバック氏からは、ブルームバー グ・ニュースの取材に対する返答は得られていない。

インターナショナル・スチールがベスレヘムを買収すれば、米鉄鋼メーカ ー最大手のU.S.スチールの座が危うくなる可能性もある。インターナショ ナル・スチールが買収を提案した1月6日の3日後には、USスチールは同業 で経営再建中のナショナル・スチールの資産の大半を9億5000万ドルで買収 することを提案。ただ、ナショナル・スチールには米AKスチールがより高い 買収金額を提示、両社は先月30日の時点で合意したと発表したが、USスチ ールは依然買収に関心を示している。

プリンストン Danielle Kost 東京 小針 章子 Akiko Kobari --*(813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE