コンテンツにスキップする

日本テレコム:香港系大手が買収の最有力候補に-米投資会社と連携

8日付の朝日新聞朝刊は、携帯電話世 界最大手の英ボーダフォングループが所有する国内固定電話第3位日本テレコム 買収の最有力候補として、香港系の通信大手パシフィック・センチュリー・サイ バーワークス(PCCW)が浮上してきたと報じた。情報源は明示していないが、 日本テレコム関係者も認めたとしている。

PCCWは中国を中心に、インド、韓国、シンガポールなどを拠点にアジア 圏に幅広い通信網を持つ財閥系通信会社。同紙によると、米投資会社リップルウ ッド・ホールディングスなどと組んで買収交渉を進めているもよう。他の外資系 投資会社もこのグループに加わっており、ボーダフォンとの間で買収価格などを 協議しているという。

また、昨年夏にいったん買収交渉を打ち切った東京電力も、依然買収に意欲 を見せていると同紙は伝えている。

日本テレコムホールディングスの7日株価終値は前日比1000円(0.3%)安 の36万5000円。

東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

--* (03)3201-3651 yokubo1@bloomberg.net editor:Okubo

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE