英ボーダフォン株は割安、向こう1年で20%上昇も-BW誌

米経済誌ビジネス・ウィーク (2月17日号)は、コラム「インサイド・ウォールストリート」のなかで、 T・ロウ・プライスのファンドマネジャー、レーモンド・ミルズ氏の発言とし て、携帯電話欧州最大手、英ボーダフォンの株価は向こう1年間で最大2割上 昇する可能性があると伝えた。

ミルズ氏はそのなかで、ボーダフォンはキャッシュフロー(現金収支)が 安定しており、株価は「本当に安い」と指摘している。同氏はボーダフォン株 を保有している。

また同誌は、情報源を明らかにせずに、ボーダフォンは他の通信会社と異 なり、過剰投資、行き過ぎた合併・買収は行っていないと報じた。同誌によれ ば、負債比率は11%未満で、米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)による長期債務格付けは「A」。

6日の米株式市場でボーダフォンのADR(米国預託証券)は33セント (1.8%)安の18.30ドルで終了。

ロサンゼルス Edvard Pettersson 東京 小針 章子 Akiko Kobari --*(813) 3201-8879 akobari@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE