コンテンツにスキップする

英BOCの10-12月期決算:13%増益-需要低迷見通しで株価下落

欧州工業ガス2位の英BOCグ ループが4日発表した第1四半期(10-12月)決算は、中国での新規事業が貢献 し、純利益が前年同期比で13%拡大した。前年に計上されていた雇用削減費用 の追加がなかったことも増益につながった。ただ、BOCは半導体業界からの 需要に回復の兆しが見られないとの見通しを示したため、同社株価は下落した。

10-12月期の純利益は5780万ポンド(1株当たり11.7ペンス)と、前 年同期の5130万ポンド(同10.4ペンス)から増加した。売上高は前年同期 比7.8%増の10億4000万ポンドだった。

BOCは同時に、半導体製造用ガスや関連機器需要が回復する兆しはみら れないとの見通しを示した。これを受けて、同社株価は下落。ロンドン時間午 前10時07分現在、同社株価は前日比27ペンス(3.5%)下落して753とな った。

アムステルダム Rudy Ruitenberg ロンドン 吉崎美帆 Miho Yoshizaki --*(44 20) 7073-3636 myoshizaki@bloomberg.net Editor:Yamahiro

BOC LN <Equity>

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE