米経済ダイジェスト:フィデリティ純流出、ダウ・ケミカル格下げなど

米金融経済、企業動向に関する主なニュース は次の通り(日時は米東部標準時)。

------------------------------------------------------------------------------- ◎フィデリティ:昨年の国内株式投信は36億ドルの純流出-運用資産の約1%

米投信運用最大手フィデリティ・インベストメンツの昨年の国内株式投信は、解約 額が新規契約額を36億ドル(約4300億円)上回り、4年ぶりの純流出となったもよう。 同社の国内株式投信の昨年末の運用資産残高の約1%に相当する。米調査会社ファイナ ンシャル・リサーチが3日発表した。

------------------------------------------------------------------------------- ◎ダウ・ケミカルの長期債務格付けを「A-」に1段階引き下げ-フィッチ

国際格付け会社フィッチ・レーティングスは3日、米化学最大手ダウ・ケミカルの 長期無担保優先債務格付けを「A」から「A-」に1段階引き下げた。エネルギー価格 の増加やアスベスト訴訟費用の負担、製品価格の低下を理由に挙げている。

------------------------------------------------------------------------------- ◎ヒューマナ10-12月期:赤字170万ドル-人員削減や訴訟関連費用響く

管理医療サービス大手の米ヒューマナが3日発表した第4四半期(10-12月)決算 は、純損益が170万ドル(1株当たり1セント)の赤字だった。人員削減や訴訟関連の 費用が響いた。前年同期は3510万ドル(同21セント)の黒字。総収入は前年同期比

8.8%増の28億6000万ドル。

------------------------------------------------------------------------------- ◎マテル10-12月期:35%増益-コスト削減やバービー人形の国内販売増加で

がん具最大手の米マテルが3日発表した第4四半期(10-12月)決算は、純利益が 1億8610万ドル(1株当たり42セント)と、前年同期に比べ35%増加した。コスト削 減や、バービー人形の米国内販売が少なくとも2年ぶりの増加になったのが貢献した。 一部費用を除く1株利益はアナリスト予想を上回った。売上高は前年同期比6.9%増の 16億7000万ドル。

------------------------------------------------------------------------------- ◎米連邦地裁、エンロン株主の主張退け-ダイナジーによる買収の破談めぐる訴訟で

破たんしたエネルギー大手の米エンロンの株主グループが、米ダイナジーの同社買 収計画を撤回をめぐる契約不履行訴訟の和解内容を不服として2001年12月に起こして いた裁判で、ニューヨーク州南部連邦地裁のヘラースタイン判事は3日、エンロン株主 側の主張を退ける判決を下した。

------------------------------------------------------------------------------- ◎US航空10-12月期:赤字縮小-コスト削減や売り上げ増加で

昨年8月に破たんした米航空大手、US航空が3日発表した第4四半期(10-12 月)決算は、純損失が7億9400万ドル(1株当たり11.67ドル)と、前年同期に比べ赤 字幅が縮小した。コスト削減や売り上げ増加が貢献した。売上高は同3.1%増の16億 1000万ドル。

-------------------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE