12月の原油輸入量は前年比20%増、処理量は7.6%増-経済産業省

12月の日本の原油輸入量は、前年同月 比で20%増加した。原油処理量は同7.6%増加した。ガソリンや灯油といった 燃料油の生産は4.0%増、輸入は37%増、国内販売は4.7%増だった。経済産業 省が31日発表した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。