コンテンツにスキップする

米経済ダイジェスト:インターナショナル・ペーパー決算、US航空

米金融経済、企業動向に関する主なニュース は次の通り(日時は米東部標準時)。

------------------------------------------------------------------------------- ◎コマース・ワン、従業員57%削減へ-赤字幅拡大で

企業間電子取引(B2B)用ソフトウエアメーカー、米コマース・ワンは30日、第 4四半期(10-12月)の売上高減少で赤字幅が膨らんだのを受け、従業員の57%を削減 する方針を明らかにした。

------------------------------------------------------------------------------- ◎フェデラル・モーグル、ハネウエル子会社を買収へ

経営再建中の米自動車部品メーカー、フェデラル・モーグルは、制御装置大手の米 ハネウエル・インターナショナル傘下のブレーキパッド子会社ベンディックスを買収す ることで合意した。買収金額は不明。

------------------------------------------------------------------------------- ◎ペプシコ:元CEOと現副会長が取締役を退任へ

世界2位の清涼飲料水メーカー、ペプシコは30日、ロジャー・エンリコ元会長兼最 高経営責任者(CEO)とロバート・モリソン副会長が同社の取締役職を退く人事を発 表した。

------------------------------------------------------------------------------- ◎US航空、年金プランの廃止承認を破産裁に申請へ

経営再建中の米航空会社7位のUS航空は30日、パイロット7000人を対象にした 企業年金プランの廃止承認を連邦破産裁判所に申請することを明らかにした。

------------------------------------------------------------------------------- ◎アメラダ・ヘス10-12月期:4年ぶりの赤字幅-株価大幅安

米6位の石油会社アメラダ・ヘスが30日発表した第4四半期(10-12月)決算は、 純損益が3億7100万ドルの赤字だった。過去4年で最大の赤字幅。前年同期は5400万 ドルの黒字だった。売上高は前年同期比14%増の33億ドル。アフリカ油田の可採埋蔵 量が当初見込みを下回ったことなどが背景。30日の株価は1987年以来の大幅下落とな った。

------------------------------------------------------------------------------- ◎昨年の米株投信:271億ドルの純流出-1988年以来の高水準

米投信業界団体ICIが30日発表したところによると、昨年の米国の株式投信は 271億ドルの純流出だった。流出額は1988年以来の高水準。

------------------------------------------------------------------------------- ◎Cネット・ネットワークス10-12月:黒字349万ドル-支出減少で

電子ニュースサービスのCネット・ネットワークスが30日発表した第4四半期(10 -12月)決算は、支出減少が貢献し、純損益が349万ドル(1株当たり3セント)の黒 字となった。前年同期は8120万ドル(同59セント)の赤字。総収入は前年同期比

3.5%減の6780万ドル。

------------------------------------------------------------------------------- ◎トイザラス、米国内400店舗で700人削減-年末商戦不振に対応

米がん具小売り2位のトイザラスは30日、米国内400店舗で管理職を対象に合計約 700人を削減したと発表した。昨年の年末商戦の販売が減少したのが背景。

------------------------------------------------------------------------------- ◎ケロッグ10-12月期:53%増益-売り上げ増加や買収コスト減少で

シリアル食品最大手の米ケロッグが30日発表した第4四半期(10-12月)決算は、 純利益が1億9100万ドル(1株当たり47セント)と、前年同期に比べ53%増加した。 売上高は同4.4%増の19億8000万ドル。冷凍ワッフル「エッゴ」やスナック菓子「ポ ップ・ターツ」の売り上げが好調だったほか、傘下に収めた菓子大手キーブラー買収の 関連コストがなかったのが背景。

------------------------------------------------------------------------------- ◎IPの10-12月期:赤字幅縮小-1-3月期は「弱い」内容になる見通し

米紙パルプ最大手インターナショナル・ペーパー(IP)が30日発表した第4四半 期(10-12月)決算は、純損失が1億3000万ドル(1株当たり27セント)と、前年同 期に比べ赤字幅が縮小した。売上高は同横ばいの63億ドル。同社はまた、第1四半期 (1-3月)業績について、出版会社への出荷が伸び悩むことを理由に「弱い」内容に なるとの見通しを示した。

------------------------------------------------------------------------------- ◎シーベル:取締役会がポイズンピル条項を採択

米ソフトウエア大手シーベル・システムズの取締役会は30日、敵対的買収を阻止す るための防御策「ポイズンピル」に関する条項を採択した。同社によると、今回の動き は特定の企業を対象にしたものではないという。同社株価は過去1年で76%下落してい る。

-------------------------------------------------------------------------------

東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --* (813) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

参考画面:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE