米ダウ・ケミカル10-12月期:赤字拡大、訴訟準備金積み増し響く

米化学最 大手ダウ・ケミカルが30日発表した2002年第4四半期(10-12月)決算によ ると、アスベスト関連訴訟に関する準備金を積み増した影響で、赤字幅が前年 同期から拡大した。ダウは決算発表と同時に、年内に最大4000人を削減する計 画も明らかにした。

10-12月期の純損失は8億900万ドル(1株当たり89セント)で、前年同 期の3700万ドル(同4セント)の赤字から収支が一段と悪化した。一方、売上 高は前年同期比9%増の69億1000万ドルと膨らんだ。

訴訟の準備金積み増し分が10-12月期の業績を5億2200万ドル分押し下 げた。同社は約2年前のユニオン・カーバイド買収に伴い、数千件のアスベス ト関連訴訟を引き継いでいる。

プリンストン Juliann Walsh ボストン 山口 裕子 Yuko Yamaguchi --* (617) 338-5819 yuyamaguchi@bloomberg.net Editor: Kawai

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE