独メトロなど欧州企業の社債売却に悪影響も-イラク戦争の懸念受け

投資家らによると、メトロやS ESグローバル、GUSなど一部企業は、欧州市場での新規発行社債の売却で 苦戦する可能性が出てきた。イラク危機が戦争に発展するとの見方が強まるな か、戦争が世界景気回復に悪影響を及ぼすとの懸念から、多くの投資家の需要 が、社債よりも安全投資先としての国債に傾いているためだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。