米デュポンの10-12月期:3倍以上の増益-9四半期ぶりに増収

米化学2 位のデュポンが28日発表した第4四半期(10-12月)決算は、純利益が3億 5000万ドル(1株当たり35セント)と、前年同期に比べ3倍以上増加した。塗 料やプラスチック製品の販売好調を支えに、9四半期ぶりの増収になったのが 背景。

売上高は同8.7%増の56億8000万ドル。1株当たり利益は調査会社トムソ ン・ファースト・コールがまとめた市場予想平均の32セントを上回った。

同社によると、第1四半期(1-3月)の一部損益を除く1株利益は約55 セントの見込み。市場予想平均は同64セント。

28日の株価終値は0.27ドル(0.7%)高の38.73ドルと3営業日ぶりに上 昇。第4四半期の株価上昇率は18%と、S&P500種化学14社のなかで3番目 の高水準だった。

プリンストン Juliann Walsh 東京 柴田 広基 Hiroki Shibata --*   (03) 3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE