C&S:サンクスAAの社長にサークルK出身の夫馬氏が就任へ

コンビニエンスストア業界4位のシー アンドエス(C&S)は28日、同社傘下の事業会社「サンクスアンドアソシエイツ」の 次期社長に、同「サークルケイ・ジャパン」で開発本部長などを歴任した夫馬泰彦氏を 昇格させることを内定したと発表した。今年5月12日開催予定の株主総会後(13日付 を予定)に正式に就任する見通し。現在、サンクスの代表取締役社長を務める岡部和輝 氏は代表権のないサンクス相談役に退く。

○夫馬泰彦(ふま・やすひこ)----1947年7月12日生まれ、55歳。 70年、ユニー入社、83年、ユニー、サークルKジャパン事業部経営管理担当主査、 94年4月サークルケイ・ジャパン管理本部長、同6月取締役就任、98年4月、管理本部 長、01年3月開発本部長、03年2月、サークルK社長付兼サンクスアンドアソシエイツ 顧問、03年5月C&S取締役兼サンクスアンドアソシエイツ代表取締役社長。

C&Sの株価は前日比37円(2.2%)安の1635円。

東京 鷺池秀樹 Hideki Sagiike --* 03-3201-8293 hsagiike@bloomberg.net Editor:Hinoki

企業ニュース NI KIGYO, NI COS

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE