米アルトリア:ペンシルバニア州の喫煙訴訟で勝訴

フィリップ・モリスから社名を変更したたばこ最大手の米アルトリア・グルー プを米ペンシルバニア州の女性喫煙者の遺族が提訴している裁判で、州裁判所 判事は27日、遺族側の主張を退ける判断を下した。

遺族側は、同社が喫煙による健康への危険性を隠ぺいしていたと主張。こ れに対し裁判所は、喫煙者は危険を自覚していたとの判断を示した。たばこ会 社は、アルトリアに対する米カリフォルニア州での2件を除き、個人喫煙者に よる訴訟の多くで勝訴している。判決後、同社株は一時、39.10ドルまで上昇し たものの、前日比25セント(0.6%)安の38.65ドルで取引を終えた。

ワシントン William McQuillen 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita --* (03) 3201-8394 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Kakuta

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE