コンテンツにスキップする

J-フォン:10-12月期の加入1台当たり平均収入は4.4%低下

東京 1月27日(ブルームバーグ):世界最大の移動体通信会社である英ボ ーダフォンが27日に発表した地域別加入実績によると、傘下のJ-フォンの 2002年10-12月期における加入1台当たり平均収入(ARPU)は、通信料金 の値下げと利用者の通話回数減少により、前年同期に比べて4.4%低下した。

J-フォンの10-12月の3カ月間平均ARPUは7277円と、前年同期の 7607円から低下した。単月ベースでみると、10月が7350円(前年同月は7410 円)、11月が7120円(同7770円)、12月が7360円(同7640円)だった。

日本テレコムホールディングスの株価終値は前週末比1000円(0.26%)安 の38万6000円。

東京 イアン・メッサー Ian Messer

矢沢 利弘 Toshihiro Yazawa --* (03)3201-8982 tyazawa@bloomberg.net Editor:Okubo

業界別ニュース:JBN17

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE