新光証:4-12月期連結赤字が158億円に拡大、相場低迷で手数料が減少

営業収益で国内第4位の新光証券が 27日発表した第3四半期決算(4-12月期)によると、この期間の連結純損 益は158億円の赤字と前年同期の139億円に比べ赤字幅が拡大した。株式相場 の低迷で、手数料収入の減少が大きく響いたのが主因。第3四半期(10-12月 期)そのものは42億円の赤字だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。